jankendo

jankendo

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

jankendo

jankendo

ghsgfefa.png 


内容が変わり次第随時更新してまいります。


Yobitの特徴


Yobitの場合ほかの取引所と違う変わった独自の機能などがあるので紹介します。


ダイスゲームが出来る

Screehhnshot_20180112215557386.png 

1~100の間で、48より下か、52より上かを、BTCを使って賭ける事ができます。49~51の間だと運営に持っていかれていかれてしまうという運営が絶対に儲けれる機能も付いています。


数回なら儲けれる可能性はありますが、何十回もすると理論上損すると思いますがねぇ。


Yobit Dice Botという外部ツールがあるそうなのですが、勝率はどうなんでしょうね?


手数料について


手数料は、入金手数料と出金手数料があります。
まず入金手数料は無料です。


出勤手数料ですが0.0005BTCとなっています。


これはほとんどの取引所ではこの手数料となっているので、普通です。

Screenhhhdggageshot.png  一応公式サイトにありますが、分かりにくいですね。

取り扱い通貨


取り扱い通貨がとにかくとんでもなく膨大な量です。
大まかですが、4800種類は超えていると思われます。


ここがYobitの強みなのでしょう。

fdsafa.png  

Yobit登録方法


登録は非常に簡単なので、パッパッと登録を済ましてしまいましょう♪


Registrationから登録


まずここからアクセスし、

右上にある「Registration」をクリックしましょう。


すると登録画面が出てくるので、

aafefae.png 
Loginに英数字で自分の決めたログインIDを入力し、メールアドレス、パスワードを入力してチェックをしましょう。


最後に「Regster」ボタンを押します。


これで仮登録が完了です。


Yobitに登録

本登録をする

gfsggrg.png 

本登録は登録に使用したメールアドレスに送られているメールにあるリンクにアクセスすると、本登録が完了します。


「Google Authenicator」を使って2段階認証を完了させる

unnamed.png 

これは別にしなくても取引などは出来るのですが、セキュリティ面の都合から必ず完了しましょう!


ログインすると、ポップアップが表示されるので、「switch on」をクリックしてください。

20180112222555.jpg 

次にApp StoreやPlayStoreなどから「Google Authenicator」と検索しアプリをインストールして下

さい。


完了すれば、もう一度Yobitの方へ戻って下さい。

20180112222555.png 

するとQRコードが表示されていると思うので「Google Authenicator」からバーコードスキャンで読み取ってください。

gasgerd.png 

そうすると「Google Authenicator」側に6桁の数字が表示されると思うので、6桁の数字をYobitの「Authentication Code(2fa)」の箇所に入力して「Enable」を押して下さい。


これで2段階認証も完了です。


Yobitの使用方法

入金方法


上のバーの「Wallets」をクリックします。

gsgergs.png 

その後、「Deposit」欄に、自分が入金したい仮想通貨に「+」マークをクリックします。


そしてアドレスを作成してそのアドレスに別の取引所から送金して下さい。

fgsggser.png 


出金方法


上のバーの「Wallets」をクリックします。

fdfaef.png 

その後、「WITHDRAW」欄に、自分が入金したい仮想通貨に「-」マークをクリックします。

fafasfaefd.png 

そして出てきた入力欄に入力し、「Withdrawal Request」を押せば完了です。


届くまで時間がかなりかかる場合があるので落ち着いて気長に待ちましょう。



今回はYobitについて記事にしました。

Yobitのすべての機能を紹介しているわけではないので、分からないことがあればコメントを下さい!



もしよろしければ、ワンクリックお願いします!



仮想通貨ランキングへ

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。